初期の糖尿病の宣告でダイエット決意

ぽっちゃりとかマシュマロ、とかそんな言葉ではごまかせないほどの肥満でした。
スタイルとかそんなこと言っている場合ではなく、本当にバストトップよりおへその位置の方が前に出ていましたし、当然爪先なんて直立して視線を下におろすだけじゃお腹のお肉に阻まれて見ることなんて出来ません。
痩せなきゃ痩せなきゃとは思っていましたが、こんな体形になるくらいですから食べるのは大好きで我慢が嫌いです。
趣味は食べ歩き一択だったし、スナックや焼菓子、麺類やご飯と言った炭水化物を我慢するなんて考えられない状態でした。
それでも人間ドックで糖尿病の気があると指摘され、50歳になる前に死んでもおかしくないと言われました。
そんなに早死にはしたくなかったのでダイエットをする決意をしました。

 

 

まず、糖尿病を何とかしなくてはならないと病院で専門の先生に相談したところ、とにかくまず体重を下ろせば血中の数値はよくなっていくと言われました。
若い分リカバリーも効きやすいと聞いて、真剣に取り組めば何とかなるかもしれないとやる気が出ました。
そこで主食とおやつの炭水化物を抜いて、夕食だけでも野菜中心の自炊に切り替えました。
あまり極端に炭水化物を制限するのは良くないと言われていたので、朝食にグラノーラを取ったり、ニンジンやレンコンなどの根菜は避けずに普通に食べていました。
すぐに体重が落ち始めて、さらにやる気がでました。

 

糖質を抑える方法だけでは下げ止まる

 

糖質を抑える方法は凄く効果的でしたが、82kgくらいになったところで体重が下げ止まってしまいました。
食事制限だけでは難しいと判断し、ジムに入会し水泳をするようになりました。
最初は20分も泳ぎ続けることがでず、せいぜい400メートルくらいしか泳げませんでした。
体力の衰えを感じましたが、少しずつ泳ぐ時間と距離を伸ばし、今では平泳ぎで40分1600メートルほど泳げるようになりました。
すると体重もまた落ち始めて、今では73kg前後までになりました。ここまでで1年半弱です。
血中の数値もかなり良くなって、経過観察はしていますが健康な人と何ら変わらない値です。
ついでにアトピーが酷かったのが、水泳が良かったのか痩せたのが良かったのかすっかり良くなって、塗り薬要らずになっています。
ダイエットに取り組んでまだまだ標準値まで体重は落とし切れてはいませんが、スベスベのお肌まで手に入ったのでこれからもこの生活習慣を続けていきたいと思っています。